韓国ウォンでFXチャート・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

ウォンと外為取引

韓国政府は、外為取引の大幅な改正をしました。

外為取引の小額の場合はいかなる種類の取引も可能なよう、完全自由化するとし、一定金額以下であれば、個人取引は自由に行えるようになります。

資本市場統合法の施行に合わせ、証券・デリバティブ(金融派生商品)の定義を一致させ、外為取引規制改正を通じ、金融投資会社で取り扱い可能な外為取引業務を大幅拡大します。

第2金融機関についてもウォン建てが可能な業務は最大限、ウォン建てを許容する方針です。

ただ、為替差益、外貨デリバティブなど外為市場に及ぼす影響が大きいと予想される業務は慎重に検討するとした。

このように、ウォンの門戸が大きく開くことにより、ウォンによる金融商品や外為取引の幅が広がります。

為替市場へ外為取引を盛んすることでもっとウォンが前面に押し出されることでしょう。

ウォンと円

隣国韓国の通貨はウォン

共同開催の2002年サッカーワールドカップ以来、との金融緩和がなされ、より一層親密な関係といきたいところです。

ところが思ったよりも金融の世界ではウォンに関する商品が少ないのが現状です。

ウォン/円のFX、ウォン建ての外貨預金などがあるものの、取扱金融機関は極端に少なく、また、韓国において日本人が銀行口座が開設できません。

ウォン/円のレートにしても、昨今のサブプライム問題で2007年のウォン高からウォン安の状態になっています、

これからのウォンのチャートを考えると、韓国と日本、ウォンの関係改善も大きな鍵となるでしょう。

ウォンとUSドル

まともにサブプライム問題の波を受けたウォンUSドルに対して急落を続けています。

最近、USドルに対してウォンは強さを増してきていました。

2007年は1USドルあたり950ウォンを下回るまでになっていたウォンでしたが、7月以降のUSドルに対するウォンの動向はすさまじいものです。

チャートグラフはほとんどほぼ垂直というものてす。

そして、2008年10月28日には1USドルは1450ウォンを超えてました。

現在は、1USドル1383ウォンとなっています。

USドルに対して、ウォンは相当弱くなっているのが現状です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。