ウォンと債権 韓国ウォンでFXチャート・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

ウォンと債権

ウォン安のあおりを受けて、韓国は債権国になっています。

これは、政府や企業が外国にウォンを貸した対外債権より外国から借り入れた対外債務のほうが多い状況を指します。

この報道は2008年5月のものですから、それ以降のウォンの状態は改善されておらず、債権国からの脱出は難しいものとなっています。

信用格付けからもウォンの信用度は下落しており、一時はウォンは危ないとまで言われていました。

これはウォンに限ったことではなく、債権国といっても、米国は巨額な債権国でしたし、いまだに債権国でもあります。

ウォンの場合、これからの見通しも明るくないことから、今後とも監視が必要と言えます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。