韓国通貨ウォンの動向 韓国ウォンでFXチャート・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

韓国通貨ウォンの動向

韓国通貨ウォンの紙幣のデザインが2006〜7年に大幅に変更されました。

これは韓国通貨ウォンの偽造防止のための新技術が盛り込まれ、サイズが小さくなり、額面の文字と数字が大きな字で明るくはっきり見えるようになった。

最高額紙幣が10000ウォンで日本円で1000円・米ドルで10USドル程度の価値(2007年当時のレート)ということで、決済時に不便をもたらしています。

このため国民の間では、韓国通貨紙幣より小切手やクレジットカードの使用頻度が高いのも特徴です。

韓国通貨ウォンの高額紙幣発行論がしばしば取りざたされていますが、インフレ圧力になるとの批判が根強いため、具体化に至っていませんでした。

しかし、自己宛手票流通に掛かるコストや、偽造小切手問題などから、韓国銀行が2009年上半期を目処に新たに韓国通貨で10万ウォンと5万ウォン紙幣を発行する事を正式発表しました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。