ウォンでFXするには? 韓国ウォンでFXチャート・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

KRWでFX取引

通貨の不安定さは、取引停止という非常事態を起こします。

先のサブプライム問題で大きく揺れたKRW取引は、即座に取引停止ということになりました。

KRWの通貨の流通が正常でないことで、KRW取引が不可能になりました。

ということは、KRW取引を行っていた方が途中でいきなりKRW取引が中止ということになりますと、もっている取引内容の行方も気になるところです。

投資に関しては、絶対に大丈夫と言うことなく、不安定な通貨ほど、今回のKRW取引停止のようなことは起こりえます。

しかし、為替相場の流れから、KRWが陽の目を見ることもきっとあります。諦めずというのも投資の鉄則です。

KRWのFXについて

FXで、KRWのペアと言うとJPYしかありません。

しかもそのKRW/JPYを取扱うFX業者もごく一部に限られています。

ですから、KRWはレートが低いので買いやすいでことはメリットですが、KRWFXに関する情報を他の主要通貨に比べて手にしにくいデメリットもあります。

KRWFXに関しては、JPYが相手ですし、激しい動向もありませんし、比較的安定したFXをすることができます。

サブプライム問題で不安定なKRWですが、不安定ながらも落ち着きを見せてくれば、KRWFXの展開も面白くなりそうです。

今後、FX取引の中でも注目される通貨の1つがKRWです。

ウォンを買う

ウォンの投資で買う場合はウォンが下落をしているときです。

2008年の後半からのウォンの下落は買うチャンスです。

ウォンは日本ではFX投資や外貨預金などがありますが、下がったから買うとすぐにとびつくことはできません。

なぜなら、FXにしても流通量が少ないため、プラスになるタイミングを待たないとウォン買うという行動に入れないことが多いです。

実際、2008年の下落場面においても、果たして、次は上昇ラインになるかの見極めどころです、

投資は勝負です。ウォン買う勝負に出られる人が、強いのかも?

ウォンの外為

ウォン外為というと、FX。

それもいいですが、激安のウォンを単なる両替ということでの外為の為替差益を得るということもできます。

今の激安で、ウォンもこれ以上の下落はないというところまできています。

ですから、ウォンを買っておき、高い時に売るという方法。

ただし手数料や業者によってのレートの差がちょっと面倒かも。

FXなら、外為のなかでも保証金も安く、手軽に始められることでしょう。

ウォン安の状態はまだ続きそうですし、外為の方向さえ間違えなければ、そこそこの利益は上げられることです。

ただし、外為の中でもウォンはちょっとリスキーな通貨としての位置づけがありますから、外為の動向には注意です。

ウォンでトレードする

トレードといえば、売買活動ということで、実際に株やFXなどのトレードを行っている方はトレーダーといいます。

通貨のトレードはFXですが、たくさん種類の通貨からのペアを選びますが、マニアックなペアというのも存在します。

先に通貨破綻を起こしたアイスランドクローナやメキシコペソ、日本ではおなじみのウォンも、FXのトレードの中ではマイナー通貨となります。

日本円とウォンのFXは可能ですが、一部のFX業者でしか扱われていません。

今は、大変な時期のウォンですが、安いウォンを買い、上昇を待ち、高値で売るというトレードが理想ですが、取扱量などがあまりのないウォンのため、活発なトレードがないというのが現状です。

韓国ウォンのFXはどう?

FXは少ない証拠金を元に、2通貨間のレートの上げ下げで損益の出る投資です。

ドルなどのメジャー通貨の取扱うFXは多いですが、ウォンは、ごく一部のFX会社に限られています。

ウォンは1ウォン0.08円とレートが低いので買いやすいですが、日本とは隣国の関係でありながら、FXに関する情報が少ないというデメリットがあります。

また、FXといえば、ドルとの取引が多いのですが、ウォンとドルの通貨ペアを取り扱っているFX会社は今のところないようです。

ウォンはここのところ不安定な動きをしていて、韓国経済も表向きは正常のようですが、円とのレートも下がっている状態です。

日本としてもウォンの動向は気になるところです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。