ウォンのチャートは? 韓国ウォンでFXチャート・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

ウォンとユーロの微妙な関係

2008年11月の時点で、ウォン/円レートは昨年に比べるとほぼ2倍近くになっています。

これはウォンユーロも同じことで、ユーロに対して、ウォン安となっています。

ユーロ圏からの輸入品が多い韓国では、ユーロ圏本国よりもウォンで同じものを購入した方が安価になるという価格逆転現象が起きている。

このため、ウォンでの価格を上げざるを得ないことになります。

ユーロ圏からの輸入品が高くなるということは、ウォン安がきっかけになるインフレ状態になることで、長期的なことになると、一寸困ったことになります。

ユーロ圏といえば、車だけではなくワインや化粧品などの品物も含まれています。

KRWのチャートに注目

KRWのチャートが下落に転じたのは2007年ころからです。

アジア通貨危機以来、チャートが上向きになっていたKRWですが、サブプライム問題の打撃は大きいかったようで、JPYに対してKRWのチャートは最安値の記録を作りました。

その余波はなかなかとれることなく、KRWのチャートの回復には時間がかかりそうです。

KRWのチャートの下落は韓国経済にも影響を与えていて、このままいくとアジア通貨危機の二の舞になるのではという警戒をしている声もあります。

しかし、為替は下落の次は上昇ということですから、このままではKRWは終わることはないでしょう。

KRWのチャートに注目です。

ウォンの今後

ウォンの今後については、楽観視、悲観視と両方の説があります。

韓国自体は国としては小さいですが、日本などの為替連動し、着実に力をつけてきていますし、世界に通用する優良企業なども多くあります。

新興国とはいえ、為替市場では台頭していますし、経済発展もしてきています。

ただし、今後の経済発展の展望については、悲観的な見方が多いのは、このままの韓国のやり方を批判する声も多いのが確かです。

ウォンの信用が失いつつある今、今後ウォン、韓国経済は不安がたくさんです。

いずれは先進国への仲間入りも果たすであろうウォンの今後は、今しばらくは不透明といった感じです。

日本円との連動が大きいため、今後のウォン今後の円にもかかっていると言えそうです。

いつか来るウォン高

2007年7月韓国の政策金利は4.75%としました。

2004年以降ウォン高が対ドル、対円で進んで、2000年を100とした場合、対円で43%の上昇をみました。

政府がウォン売り、ドル買いを行うことにより、ウォン高は緩やかな動向となっていました。

が、これ以降、ウォン高は難しい状況となっています。

世界的な株価下落、ドルの急落などで、通貨不安がおき、ドルの流通が上手くいかなくなります。

ウォンにとっても、ドルの不足は致命的なもの、徐々にウォン高は保てなくなり、ウォン安傾向になっていきます。

そして、ウォン高では考えられない1円で15ウォンという値をつけることとなります。

このようにウォン安は、いつまで続くか不安ですが、あちこちに支障が出る前に相場が戻ればいいのですが。

韓国ウォンの暴落

韓国ウォンの対円相場の暴落が続いています。

この韓国ウォンの暴落は、経済には大きな打撃を与えていますが日常の生活には、逆に利用する手もあります。

現在韓国ウォン暴落している原因として考えられているのが資源・穀物価格の高騰があげられています。

また、韓国をアピールするサイトなども急増しており、韓国へ観光・ショッピングをするには今回の暴落は絶好の機会となっています。

逆に近年上昇していた韓国から日本への旅行客は、この韓国ウォン暴落により急減していて、観光地にとっては頭の痛い問題となっています。

円高ウォン安の状況について

2008年に入り円高ウォン安の傾向が続いていますが、11月になりウォン安の最低値をつけました。

韓国経済も大変ですが、この円高ウォン安で、韓国からの観光客を誘致してきた自治体にとっては痛いこととなっています。

又、韓国からの留学生たちにとっても、この円高ウォン安は影響があることでしょう。

その代わり、円高ウォン安のおかげで、韓国へ行く人が急増しています。

為替の動向は、多方面に影響が与えますが、今回の円高ウォン安の影響を一番受けているのは、韓国の中小企業でしょう。

日本では余り伝わっていないですが、かなり大きな問題となっているようです。

ウォンの暴落

まだ記憶に新しいサブプライムローン問題では、世界中の通貨の暴落がありました。

その中でもウォンは、危機説か流れるほどの暴落となったのです。

この問題の前から、ウォンは再び通貨危機があるのではないかという暴落でしたが、何とか脱したかに見えるウォンです。

しかし、問題は根が深くサブプライム問題の収束がウォン暴落の収束ではありません。

韓国政府の態度の急変を見ただけでも、ウォン暴落の重大さが物語っています。

日本との関係も一寸複雑な韓国ですから、簡単に円で援助の手を差し伸べるということにも行かないのが現状です。

隣国ウォン暴落劇を見物しているだけの円でしたが、明日はわが身、日本円暴落にも気をつけなくては?

ウォンとFX

2通貨間のチャートの上げ下げで損益を出すFX

世界のあらゆる通貨のペアがありますが、ウォンと円のFXしか存在しません。

日本のFX業者では、ウォンと円のFXの取扱をしている業者は余りないのが現状です。

日本にとっては身近なウォンですが、円とのチャートの変動も大きくありません。

先のウォンの下落では、今後のFXの対策が楽しくなりそうなチャートになりましたが、今後のウォンFXには注意が必要です。

ウォンFXの相手になる通貨も色々あると楽しいですが、これからの期待です。

韓国ウォンチャートを睨んで

サブプライム問題の波紋は全世界の通貨に大きな打撃を与えました。

アメリカはもちろんですが、韓国ウォンの下落チャートを見ると余りに過酷な被害を受けたことが分かります。

ウォンといえば、数年前まで、円に対してもチャートは落ち着き、通貨危機を一度経験している韓国ウォンも経済発展を目指し頑張ってきていたことでしょう。

しかし、韓国内の経済もちょっと危なくなり、ウォンの地位も余り良くないことは、チャートから読み取れます。

サブプライム問題以前に、韓国ウォンの脆弱さが目立ち始めました。

日本円と韓国ウォンの取引は、FXなどがありますが、取扱量が少ないため、チャートそのものも余り飛躍的ではないですが、上手くいけば、面白い投資になります。

ウォンの日足を点検しよう

チャートには、それぞれ種類があり、月足、日足、週足などの区切りをつけてチャートにしていきます。

日足チャートは、1日の値動きを知るのに便利です。

ですからウォン/円の投資の場合、何かのニュースで日足チャートに変動があるときに、すぐに売買の反応ができるのが日足ということになります。

しかし、株価と違いウォン/円などの外貨とのチャートの場合、日本時間は全然動かない等場合が往々にしてありますから、日足チャートばかりではなく、月足や週足チャートの観測は絶対です。

2008年10月以降はウォン日足チャートはほとんど変わりませんし、投資対象にもなっていないのが現状です。

ウォンの動向が気になりますが、回復の見込みは2009年以降でしょう。

その際もウォンのチャートはいろいろと使い分けをしてみてください。

ウォンのレートチャート

ウォンの約10倍が日本のレートというのが、最近までのチャートでしたが、2008年10月か11月にかけてのウォン安で、レートが13倍くらいのチャートになりました。

このウォン安は最低のレートを記録しましたが、2008年に入ってからのチャートはひたすら下落の一途を辿っています。

ウォンに投資をしていた方は、既に態勢を変えていたとは思いますが、チャートの急落、下落ということでどこまでいくのか、レートがどうなるか不安になります。

ただ、今ウォンが安いレートの時に買っておけば、チャートが上向きになればという勝負に出られる人は、強気でいけることでしょう。

ただ、疑心暗鬼になりやすい投資の世界ですから、慎重な見方で、ウォンレートチャートを見つめることも必要です。

ウォンの為替グラフを観察しよう

金融商品の中でウォンを扱ったものはあまりありません。

手軽にできて投資家が増えているFXも、ウォンを取扱う業者も少ないです。

ただし、日本にとっては、ウォンは隣国ということもあり、為替グラフなどのサイトは結構あります。

ウォンにとって、円の動向は大きいですから、為替グラフの役割は大きいでしょう。

劇的なウォン安が続く為替グラフになっていて、今後の予想は難しいものとなっています。

ウォンのニュースは入ってきますし、為替グラフに上手く反映して、並行して情報収集をしてみましょう。

今後もウォンの為替グラフ、注目です。

ウォンの為替変動チャート

ウォンと円の為替変動チャートは、劇的なものとなっています。

2007年までは比較的穏やかなウォン高の為替変動チャートでしたが、世界的な為替変動の起きた2008年からは一気にウォン安を記録しています。

かつてのアジア通貨危機時以来のウォンの為替変動チャートに、ウォン危機説が流れたほどです。

為替変動チャートをみてみると、その国の経済状態なども分かりますが、韓国に関しては、2008年11月現在かなり危ない橋を渡っているといえます。

ただし、為替変動チャートは生き物ですから、そのままウォン安というわけではなく、いつどうなるか分かりません。

為替変動チャートを読み取る者が、ウォンに勝つともいえます。

ウォン/円チャートを見る

アジア通貨危機を経験したウォンは、それ以来ウォン/円チャートにおいては落ち着いて動きを見せていました。

2005年ころは急激な円チャートにおいてもウォン高により、経済発展にも期待がかかっていましたが、2008年には今度は円/チャートにおいてウォン安の新記録を作るという結果になっています。

ウォン/円チャートの動向は、1円で約10ウォンでしたが、現在は1円では約15ウォンでウォン安が続いています。

特に2008年6月からのウォン/円チャートの推移は急落となっており、円となじみの深いウォンのチャートがすごいことになっていることが分かります。

ウォンそのものも聞き説が流れるほどのチャートですが、落ち着く傾向は今のところなく、では買い時か?と見る方もいますが、今後ともこのウォン/円チャートを見定める必要はあります。

最近のウォンの為替チャート

ウォン/円レートは、1ウォン約0.08円。

2007年からドルを中心とした為替相場は大荒れとなり、ドル/円は円高と円安を繰り返しています。

2008年もどたばたで終わりそうですが、そんな中、ウォン/円の為替チャートも大揺れとなりました。

夏には、1ウォン10円以上のレートをつけていた為替チャートですが、がたがたと6円にまで急落しています。

急落をする為替チャートなら、一度にどすんと落ちれば、今度上がるだけということで為替チャートも読みやすいのですが、10月に二度目の急落で、ウォン、韓国経済は一時本当に危ないというときを迎えました。

ウォンの不安定な為替チャートはまだ続きそうです。隣国でありながら、見守るしかない日本。

強いウォンをみたいものです。

ウォンチャートはどう?

ウォン/円のチャートは、安定していたのは、2000年前後でした。

1997年のアジア通貨以来、IMFの介入で何とか持ちこたえたウォンでしたが、2002年の日韓のサッカーのW杯以来、ウォンと韓国は盛り上がっていました。

しかし、2005年ころから急激なウォン高のチャートとなってきました。

2007年時点では約750ウォン近辺のチャートでした。

世界中で円高ドル安傾向の波をまともに受け、800ウォンのチャートで推移した後、2008年9月末には1200ウォン越えのチャートを記録し、大幅なウォン安がおきました。

このチャートの流れは留まることを知らずについに1300ウォンを突破しました。

不安定なチャートを続けるウォンですが、日本においては、見守るしかないようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。