ウォンを預金するには? 韓国ウォンでFXチャート・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

ウォン貯金について

ウォン貯金は、韓国内で日本人はできません。

韓国の銀行の日本の支店で、ウォン貯金はできますが、日本に支店があるのは東京と大阪です。

円定期預金よりもウォン貯金は金利もよく、為替差益も狙えることから、ぜひウォン貯金をできる環境の方はウォン貯金を考えてみませんか?

以前は韓国旅行の際に、韓国内でウォン貯金ができましたが、今はその状況でなく、日本でも地方に居住しているとウォン貯金とは無縁の環境です。

外貨預金の魅力は高金利と為替差益ですから、ぜひ機会があれば、ウォン貯金、検討してみてください。

外貨預金とウォン

韓国で、現在ウォン建て金融機関に資金を預けている場合、その金融機関が破産しても、政府が一人当たり5000万ウォンまでの保障を行っています。

韓国政府は、ウォン建てだけではなくも、ドルや円、ユーロなどの外貨預金にも拡大することにしました。

つまりウォン建ての預金と同様、外貨預金に対しても預金者ごとに銀行1行当たり5000万ウォンまでの範囲内で、元金と利子の保護を受けることができます。

外貨預金は一般の銀行や国営銀行など、現在は銀行だけで取り扱われています。

この場合、預金者保護の限度である5000万ウォンは銀行の外貨預金を預けた時点ではなく、銀行からの払い戻しが行われる時点で適用することとしました。

外貨預金の為替の変動によるリスクまでは保護しないということです。

ウォンの預金について

様々な問題がある日本と韓国の関係ですが、韓国へ旅行に行く際に、ウォン預金の口座を作るということは日本人はできません。

ですから、今のようなウォン安時に、韓国で預金ができないというのも歯がゆいものを感じます。

しかし、韓国の銀行の日本支店などでは、ウォン預金が可能です。

日本には在日の韓国人も多く、韓国の銀行の日本の支店は結構あります。

何も韓国に行かなくても日本でウォン預金ができるからいいということですが、韓国でも預金ができたら、と思います。

このようなことも何時改正になるか分かりませんが、何時の日か韓国でウォン預金が出来る日が来ます様に。

ウォンの外貨預金について

韓国ウォンの急落をみていると、今ウォンの外貨預金をするといいのではないかと思います。

そこで、ウォンの外貨預金について調べてみますと、現在のところウォンでの外貨預金を取扱っているところは極端に少ないようです。

サブプライムローン問題後に急落したウォンはすっかり信用がなくなったということでしょうか。

このように外貨預金の場合、取扱通貨は非常に流動的であります。

以前は取扱があったウォンの外貨預金がなくなったということは、ウォンが危ないということですから、リスキーな通貨は外貨預金の対象にならないと思ったいた方が賢明です。

しかし、ずっとウォン外貨預金の通貨として登場しないかと言うとか、そうではなく、今の危機を脱することができれば、再びウォンの外貨預金は可能となります。

ウォン預金について

為替相場が混乱し、円高になると外貨預金が大流行になります。

日本で一般的な外貨預金となるとドルやユーロなどですが、ウォン預金を取扱っている銀行もあります。

ただし、ウォン預金は限定さてれいますし、為替動向によっては、取扱われていない時期もありますから、ウォン預金をしようというときは、金融機関へ問い合わせをしてみてください。

外貨預金もいいのですが、円からウォンウォンから円に両替をするときには必ず手数料がかかるということをお忘れなく。

円預金のように、金利がそのままプラスされる(日本円でも税金が差し引かれます)のではなく、両替手数料と為替手数料が差し引かれるわけです。

ただし、為替動向によっては、金利以上の預金額になります。それを願いましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。