ウォンの為替レートは? 韓国ウォンでFXチャート・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

ウォンと円

隣国韓国の通貨はウォン

共同開催の2002年サッカーワールドカップ以来、との金融緩和がなされ、より一層親密な関係といきたいところです。

ところが思ったよりも金融の世界ではウォンに関する商品が少ないのが現状です。

ウォン/円のFX、ウォン建ての外貨預金などがあるものの、取扱金融機関は極端に少なく、また、韓国において日本人が銀行口座が開設できません。

ウォン/円のレートにしても、昨今のサブプライム問題で2007年のウォン高からウォン安の状態になっています、

これからのウォンのチャートを考えると、韓国と日本、ウォンの関係改善も大きな鍵となるでしょう。

ウォンの時系列は?

現在のウォンのレートは、1ウォン0.07円。

一日の時系列を見ても余り変化のない数字ですが、1年の時系列で見ると下落の一途を辿っていました。

ウォンは2008年の秋からの時系列ですと、どんどんと下落していきましたから、一時ウォンは危ないという風潮まで流れました。

危機からの脱出はしたものの、ウォン不安説はまだ続いています。

一年の時系列では、12ヶ月の中での変化がわかりますが、ウォンの下落の場合、数ヶ月の数字の変化ですから、為替相場の変動、急落の恐ろしさがよく分かります。

ですから、時系列を見る場合、月ごとの細かな時系列などを参照することをお勧めします。

数年後のウォンの時系列もそういえばという思いでみることとなります。

ウォンと円の為替レート

ウォンに対する為替レートは2008年は下落でした。

2007年までは平穏だったウォン/円為替レートですが、世界的な通貨不安の波にそのままさらわれた感じがするウォンです。

小さな市場が甚大な被害を蒙った今回の下落ですが、にしてもかなり揺さぶられたのは確かです。

しかし、足元が磐石ではない小国においては、激震であり、ウォンはまともに大波を食らった感じです。

このウォン安は、韓国経済にも大きな影を落とすことになりますが、やドルの為替レートが上昇、ウォン高のときが待たれます。

日本においては、ウォンへの投資の機会は少ないですが、為替レートの変動は利益に貢献することです。

今は安いので今度は高く、とそう簡単に問屋は卸さないかも知れないけれど、ウォンに対する為替レート、高くなって欲しいものです。

KRWのレートは?

KRWのレートは、JPYに対して比較的安定をしていたのは2007年まででした。

アジア通貨危機以来のKRWのレートは、順調な上昇を見せ、2005年はKRW高での推移でした。

ところが、2007年秋以降のKRWのレートは下落傾向となり、世界的な株安やサブプライム問題時には、JPYに対して、KRWのレートは最安値を記録するなど、2008年のKRWのレートは不安定となっています。

今後のKRWのレートですが、まだまだ油断はならず、チャートの変動など手に注意が必要です。

円とウォンの関係

韓国の通貨ウォンは、と連動をします。

又、円は世界通貨の中でもドルとの連動が大きいことが特徴ですから、ウォンとドルは密接な関係にあります。

ウォンがドルとの関係が露呈したサププイム問題は、本来のウォンとの関係を飛び越え、ドルの下落がそのままウォンの急落へと結びつきました。

日本にとっては、企業や民間レベルで韓国との交流が多いため、今回のウォンの急落は、一部の韓国旅行へ行かれるお気楽な方々以外は深刻な事態となりました。

また、韓国内にとっても、ウォン急落は大きな痛手となり、韓国経済も影を落としました。

これからもウォンとの連動が大きいですから、日本の順調な経済活動がウォンの健全な上昇となりえるでしょう。

ウォンが売り切れる?

ウォンが急落をしたとき、ドルが急落をしたとき、両替所は売り切れの札をかけてシャッターを閉めました。

ドルならまだしもウォンは元々そんなに在庫はないものですから、売り切れの札はすぐに出されたそうです。

安いうちにウォンを買い、高くなったら売りに出そうというもくろみですが、やはりみな考えることは同じのようです。

ウォン売り切れにななんていうことは、そんなにないことらしいです。

どうか、売り切れになるほど下落をしたウォン、無事に上がってくれることを願いますね。

次の日に入荷しますという札もありますが、早めに両替しないとすぐに売り切れに…。

ウォン/ドルのレート

サブプライム問題で揺れるウォンレート100円=779.6ウォン。

1997年10月27日以後9年2カ月ぶりの最低値となりました。

同日のウォン/ドルレートも1ドル当たり926.1ウォンで、前日のドルレートより0.5ウォン高でした。

ウォン/円レートが急落したのはドルに対する円高が後退した一方、ウォンドルに対して依然として高くなっているからだと分析する専門家もいます。

また2007年末と2008年初めに輸出業者が売ることができなかったドルを売り、ウォン/ドルレートの上昇を阻んでいると言う見方もあります。

ドル売りが終わり、日本政府が金利引上げを断行する場合はウォン/円レートが上昇するかもしれません。

ウォン急落だからこそ

為替相場につき物なのが、急騰と急落です。

どちらがどうということは言えませんが、FXなどでポジションを持っているときは、自分に有利な方に急がつくのはうれしいものです。

先のウォンの急落時、売りで持っていた方の儲けは大きいものでした。

2007年からのウォンのチャートを見ると、買いではなく売りのポジションで、いつくるか?急落という感じでした。

サブプライム問題での急落は、通貨によって打撃のタイミングが少しずつはずれましたが、ウォンの急落はほとんど末期でした。

灰汁が抜けたという表現もありますが、ウォンが助け無しどこまで急落から脱出し、上昇に持っていけるか、注目です。

ウォンのFX、はじめてみませんか?

ウォンの下落

ウォンにとって、酷な下落場面が過去一回あります。

アジア通貨危機のときです。1997年のことですが、ウォンが壊滅的な下落になりましたが、その回復ぶりは素晴らしいものでした。

そして約10年経った2008年。サブプライム問題での下落です。

こちらはウォンがある程度の経済成長をしてからの下落なので、IMFの影はありつつも何とか自力での脱出を試みています。

サブプライム問題は後をひくことでしたから、2007年からささやき始めていました。

ウォンはそれに歩調をあわすように2007年からの下落劇でした。

日本円に強く影響を受けるウォンですが、この先日本経済が危なくなるとウォンは二重苦ということになります。

外貨としてのウォンレート

外貨としてウォンレートは下落の一途です。

2007年に向けて、ウォン高の坂道を駆け上っていたのですが、小国の運命、米国の傾きがウォンレートを見事の崩しました。

世界のあちこちで、サブプライム問題で擬すつけられていきますが、ウォンの場合致命的であり、外貨としての価値もなくなり、レートはただひたすら下落となります。

ウォン外貨両替に走る光景も見られ、韓国政府では、一時的なものと位置づけていますが、それはどうか怪しいものです。

IMFの介入かとの噂もありましたが、ウォン外貨としての信頼回復のため、どんな手を打つのか韓国政府の力の見せ所でしょう。

円とのレートが高くなることを、FXなどの投資をしている方は心待ちにしているでしょう。

何時になったら、外貨として信頼とウォン高のレートが見られるでしょうか?

円に対してのウォンレート

何時の時代もどこの国でも、経済の盛衰があります。

最近ではバブルという言葉もありますが、お隣の国韓国もバブルの時期がありました。

日本もそうでしたが、バブルがはじけた後の経済状態は、悲惨なものがありますが、円とウォンのレートでも分かるように、ウォン安になったときの韓国経済は大変なものでした。

それまで、に対しレートウォン高が続き、韓国も好景気に沸いていましたが、頼みの米国が傾くと韓国経済にも暗雲が立ち込め、レートウォン安へ傾きます。

そして、サブプライム問題で、一気に底に叩きつけられたウォンでした。

に対してのレートは最安値を更新し、ウォンの通貨危機も囁かれるほどです。

その後のウォンの快進撃が楽しみですが、に対してのレートが戻り、再びに対してウォン高といわれる日が来るのでしょうか。

レートの動向は分からないものです。

円高とウォン

ウォンに対して円高が始まったのは2007年ころからです。

ウォン円高を利用して投資というよりは、韓国旅行へと考える人の方が多いのではないでしょうか。

先に起きた韓流ブームのときは、韓国行きの飛行機はおば様たちで一杯だったとか。

そのような人たちは円高などは関係なく、韓国でウォンをたくさん使い、ヨン様グッズに飛びついていたことと思います。

今は、空前の円高ウォン安となっていますから、おば様たち一行も少なくなった韓国へ一寸足を延ばしてみませんか?

投資のほうは、少し円高ウォン安の動向を見極めてからの行動を提案しています。

ウォンの為替レート

投資をする上で為替チャートを読み取るのは大事なことです。

ウォンと円の為替チャートは、2007年が1つのターゲットとなっています。

それまでは、ウォン高を続けていたち地為替チャートは、2007年に100円750ウォン為替チャートから下落の一途を辿ります。

そして2008年に驚異的な1500ウォンという為替チャートをつけました。

それでもまた通貨危機の推移にまで行かない為替チャートですが、これがスムーズにウォン高になるとは思うことはできなく、回復の兆しもまだ見えていないのが現状です。

このようなことは数年後は過去為替チャートということになりますが、今後のウォン投資の上で大事なポイントとなります。

韓国ウォンのレートを見ると…

レートは投資だけではなく、旅行や輸出入に関係してくる人には影響があります。

韓国ウォンのレートが安いということが続いていますが、日本からの旅行者はいいですが、韓国へ輸出をしている側にとっては、このレートは一寸きついです。

韓国ウォンはサブプライム問題で、大幅なウォン安となり、そこから反発をしなから回復しつつあります。

このように韓国ウォンのレートが安い時の恩恵はたっぷり受け、再びウォン高になったときは、ぜひ儲けを出すような投資というと、FXです。

韓国ウォン/円のFXは日本では数社で取扱っています。

揺れ動くレートを我が物にし、韓国ウォンで儲けてみませんか?

いつまでウォン安?

現在、対円、対ドルでもウォン安状態です。

サブプライム問題以前の2007年あたりから、対円ではウォン安が続けいています。

それまでがも、ウォン高、日本では韓流ブーム真っ只中でしたから、ウォンも日本では人気のようでした。

しかし、ヨン様の声が聞かなくなったあたりからウォン安の現象が起きた感じがします。

また、日本では、韓国人観光客の減少というのもウォン安の影響があります。

しかし、投資に関しては、このウォン安をチャンスと捕らえられる方、いらっしゃいますか?

ウォンの為替レートと日本円

ウォンの為替相場は経済上密接な関係にある日本円に連動する場合が多いです。

アジア通貨危機の克服以降、ウォンの為替レートは100円で約1000ウォン程度で安定して推移していました。

2005年ころから急激なウォン高が始まり、2007年はウォンの為替レートは100円で約750ウォンあたりで推移していました。

ところが、円高ドル安の傾向を受け、2008年には為替レートは100円で約1000ウォンの大台を突破してからは転げ落ちるような下落です。

同年9月末には1200ウォン越えをし為替レートは大幅なウォン安がおきました。

10月7日にはついに為替レートは1300ウォンを突破し、その後は乱高下を繰り返しながら、10月27日には売値・買値ともに為替レートは1500ウォンを突破し対円での史上最安値を更新しました。

ウォン/円為替について

ウォン円為替を今回のウォン安と1997年の通貨危機のときと比較をして見ましょう。

2007年11月、1円は7.7ウォンでした。その円為替が2008年9月には1円=約11ウォンになり、完全な円高ウォン安状態です。

1997年の通貨危機時は、1円=約15ウォンにまで下がっています。

円為替からみると、ウォンの通貨危機は何とか免れたとの観測もあります。

サブプライムローン問題もそろそろ収束、もしくはビッグなニュースはなければの話ですが、ウォンが落ち着くのも時間の問題かもしれません。

再び、ウォン円為替の投資が楽しい環境になることを祈るばかりです。

ドルとの関係が深い円為替でもありますが、こちらの方も落ち着くことを願います。

ウォン/ドル為替

ドル為替に対するウォンの推移は、ものすごい急落となっています。

ウォンの強さを増してきて、2007年は950ウォンを下回るドル為替だったものが、7月以降のグラフの傾きはすさまじいものでした。

そして10月28日にはドル為替に対して1450ウォンを超えました。

又、日本円に対しては、ドル為替以上に弱くなっていたウォンでした。

発端は米国発の金融不安ですが、順調に見えた化のようなウォンの脆弱さが露呈したものでした。

今後のドル為替に対するウォンの動向ですが、このままでは行かないでしょうといいたいところですが、ドル為替を中心とする為替相場は生き物です。

損失を出さないよう、慎重な投資を。

ウォンの為替レートチャートについて

為替レートは日一日と変わりますし、それをグラフにしたチャートは波線を描きます。

ウォン/円のここのところの為替レートは下落、それに伴いチャートは波線ではなく、棒のような動きをしていました。

ウォン安の激しさを物語るものですが、このような為替レートチャートは珍しいとも言えます。

ただし、新興国でよくあることで、先の中国やインドのような為替レートチャートの急騰急落もすごいものでした。

ウォンにしても、これからの国韓国と思えば、為替チャートなどもこのままではないでしょうし、レートも高くなるのも時間の問題でしょう。

ただしウォン投資が絡んでくると、気になるのが為替レートチャートということになります。

ウォンについてはチャートを監視するとともに、為替レートがどうなるか、展開が楽しみです。

ウォンの見通しについて

下がったものは上がり、上がったものは下がる。相場のルールですが、それには原因が必ずあります。

ウォンの今の見通しが数年前に当たっていた人は、予見能力があった人でしょう。

新興国としての位置から抜け出せていない韓国ですが、ひょっしたらこのまま行けば先進国の仲間入りかという見通しかあったのは事実です。

しかし、ウォンは単なる投機対象にしか過ぎず、ヘッジが去る同時に、国までも衰退していくといった新興国の姿が露呈してしまった韓国では、ウォン高だけでは支えきれませんでした。

ザプライムで世界ががたがたしていたときに、やはりウォンの見通しも予想以上に下落した形となりました。

韓国にあるあらゆる制約が、特に日本に対するもので、見通しを暗くしているという声もあります。

今後の見通しとしては、ウォンが、韓国が本格的な経済革命を起こすことができるかどうかにかかっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。