ウォンの為替相場は? 韓国ウォンでFXチャート・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

ウォンの為替変動はどう?

2008年秋にウォンに投資をされていた方、大丈夫だっだてしょうか?

というのも、急激なウォン為替変動には、驚きました。一度ならず、数回のウォン下落の為替変動でしたから、大打撃を食らった方もいるのではないでしょうか?

今回のウォンに限らず急激な為替変動によって、投資の利益もあるのですが、急変というのは、損を蒙る方が多いですし、被害も大きいものとなっています。

特にウォンは、かねてからの一部の噂はあったものの、急落という為替変動に慌てた方も多かったのではないでしょうか?。

これからもウォンはこのような為替変動が予想されます。

心してウォンの投資をしましょう。

そして為替変動には、余裕資金の用意を必ず手元においてください。

ウォン為替だけではなく…

為替ウォンが最安値をつけたのが2008年の11月。

発端はサブプライムローン問題でした。

円高ドル安か為替相場の急激な変化についていけなかったウォン相場でした。

それまでのウォン為替は、穏やかなものでしたが、こと何が起こるとウォン相場は揺れ動くという脆弱さを持っています。

為替ウォンを使ったFXなどが日本ではできますが、今後もウォン為替の動向を見据え猫とが今後の投資のチャンスをつかむことになりそうです。

今回のことは為替ウォンに限らず、だいたいの通貨が大きな痛手を被ったことは言うまでもありません。

KRW為替について

FXで、KRWのペアと言うとJPYしかありません。

しかもそのKRW/JPYを取扱うFX業者もごく一部に限られています。

ですから、KRWはレートが低いので買いやすいでことはメリットですが、KRWFXに関する情報を他の主要通貨に比べて手にしにくいデメリットもあります。

KRWFXに関しては、JPYが相手ですし、激しい動向もありませんし、比較的安定したFXをすることができます。

サブプライム問題で不安定なKRWですが、不安定ながらも落ち着きを見せてくれば、KRWFXの展開も面白くなりそうです。

今後、FX取引の中でも注目される通貨の1つがKRWです。

ウォン為替はどうなる?

為替の世界では、ウォンが直接影響を与える範囲は小さいです。

日本ではおなじみのウォン為替ですが、韓国の名前すら知名度は低いです。

隣に大国中国を要していることもありますが、ウォン為替自体も大きいものではありません。

ウォンは日本円の影響を受けますが、ドルの動向にも敏感に反応します。

サブプライム問題はウォン為替に与えた影響は甚大でした。

それ以前から、ウォン為替の信用が落ちていたこともありますが、ウォン為替の回復までには少し時間がかかるかもしれません。

円相場とウォン

ウォン円相場が再び1円=10ウォン(100円=1000ウォン)時代にになるのでしょうか?

2004年に、ウォン円相場で、1:10の比率となっていましたし、その後2007年には、100円で1000ウォンを切るウォン高が続きました。

新興国とも先進国ともいえない韓国ですが、民間企業でも世界に知られるような企業があったりしますが、経済も通貨ウォンも余り安定していないというのが実情のようです。

円相場にまともに反応するウォンですが、円相場のような強さは、まだウォンには感じられません。

これからのウォン円相場ですが、本当の強さを持つことがウォンにできるかが鍵です。

再び通貨不安定のようなこともあるとは思いますが、ウォンのこれからには見守ってゆきたいと思います。

韓国ウォン為替とは?

韓国ウォンの為替はすごいことになったのは、2008年のサブプライム問題時で2回
目です。

1回目はアジア通貨危機のときです。

金融部門では不良債権を抱え、経済状態が悪化し、IMFの援助を要請する事態となりました。

また、韓国ウォンの為替が急落したことにより、ウォンの価値が大幅に下落したことに伴う通貨危機となりました。

そして2回目のウォン通貨危機ですが、ドルの流通が滞り、不足の影響を受けたのが韓国ウォン為替でした。

韓国の国際収支が2006年頃より悪化しており、債務の比率が急速に高くなっていて、債務の多くが償還時期を迎えた2008年9月に、韓国ウォン為替相場は急落し、韓国のメディアでは「9月危機」との報道がなされたのでした。

2009年の韓国ウォン為替は、明るいものとなるか注目です。

韓国ウォンと外貨

韓国の関税法上、外貨1万ドル以上の持ち込みや持ち出しは申告しなければなりません。

これに違反した場合、2年以下の懲役または1億ウォン以下の罰金が科せられることになっています。

2008年のウォン急落に伴い、外貨を申告せずに持ち込もうとして摘発される事例が急増しています。

仁川国際空港税関で2008年1月から9月までにおける外貨の無申告での持ち込み件数は前年同期比497%増の159件で、その総額は334%増の96億2900万ウォンでした。

ウォン為替相場の急変に伴い、為替差益に対する期待が高まり、外貨の無申告での持ち込みが急増しました。

外貨を1万ドル以上は申告すればいいことなのですが、国税庁に通知され、後で調査されるかもしれないという憂慮から、無申告での持ち込み者が増加したと見られています。

ウォン急落が招いた事案です。

ウォンと外国為替

外国為替から見るとウォンはそれほど目立つ通貨ではありません。

それは、ウォンが比較的外国為替の中でも安定をしていることと、高金利の新興国通貨のような大きな特色もないことからです。

しかし、サブプライム問題のときに、あちこちでウォンが話題になりました。

それは、この問題で急落をした通貨の中でもウォンの下がり方があまりにひどく、ウォンが危ないと囁かれていました。

実際には何とか持ちこたえたウォンですが、弱さが露呈したことによの、外国為替の中での注目度は変わりません。

新興国というのは微妙な位置のウォンですが、外国為替の表舞台で跋扈するにはまだ時間がかかりそうです。

まずは、経済の建て直しとウォンの上昇で外国為替の注目を浴びることです。

ウォンの為替相場

為替相場は生き物です。

ウォン安が続いた2008年ですが、数年前までの為替相場では、ウォン高に沸いていました。

ウォンのこのような為替相場を予想できた人はいたでしょうか?

上がるものは下がるのが為替相場です。それは誰でも承知していることですが、ウォンのようにいつ下がるかということが分かる人はいません。

次はウォンは上がると見る人が大勢だと思いますが、為替相場はどうなるか分かりません。

ウォン投資を実際にしている方、警戒しすぎるということはありませんから、常に危機感を持ち為替相場を見ましょう。

為替でみるウォン

為替相場でウォンの名前が踊っていたのは、2008年の秋でした。

9月危機説が流れていたのを皮切りに、11月にかけてウォン為替相場は下落の一途を辿っていました。

結局は、持ちこたえられた感じがあるウォンですが、為替の回復はそう簡単ではないようです。

普段は余りないウォン為替の話題でしたが、今回ばかりは、いろいろありました。

再び為替相場においてウォンの話題が出るときは、明るいものになるといいのですが。

日本にとっては、このウォン安で、旅行に行かれる方も多かったのではないでしょうか。

どこへ行く?ウォン相場

日韓共同のワールドカップがあったあたりでは、ウォン相場は世界的にも知名度も上がり、高値が続いていました。

ところが、ここ最近のウォン相場は低迷にあえいでいます。

アメリカのサブプライム問題の余波をまともに受けた形となったウォン相場ですが、ここでウォン買いが続けば、来年以降のウォンの安定が見込めるとの韓国政府の見解があります。

底値だという見方ともう一段下落を見るだろうという2つの意見がありますが、ウォン相場の行方は、隣国の日本ですら不透明な状態です。

韓国内で内需にもますますの期待がかかっているのですが、ウォン相場の収拾はつきますかどうか?

ウォンの為替相場

ウォン、韓国の単位で、日本ではお馴染みのものですが、世界的にはウォンの為替相場は小さな市場という認識です。

隣国に日本と中国を抱える韓国は、先進国を名乗ってみても不安がありますし、といって新興国と言うには多少無理がある状態です。

先のザプライム問題のときのウォンの為替相場の慌てぶりをみたなら、まだ不安定なチ為替相場を露呈した結果となりました。

ウォン/円の為替相場も最低値を更新しました。

ソウルオリンピック以来、先進国に足並みが揃うことができるどころか、アジア通貨危機で壊滅的な打撃を受けたウォン

ウォンの悪夢の再来を思わせるような今回のウォンの為替相場ですが、とりあえず今のところは首の皮がつながっている状態です。

ウォンの為替相場はまだまだふらついていると思いますが、ここで投資のチャンスと為替相場を読むことができる人はウォンに勝つ?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。