ウォンの推移は? 韓国ウォンでFXチャート・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

ウォンの為替動向

新興国の通貨の為替変動は激しいことが特徴です。

ウォンに関しても、円やドルの左右されやすい特徴がありますから、為替変動は自身の為替変動とは関係なく激しいものになることが多いです。

先にあったアジア通貨危機、2008年のサブプライム問題時のウォン為替変動は大きいものでした。

新興国などは、通貨危機がそのまま国の経済そのものも左右しますので、ウォンの激しい為替変動もウォン危機説も流れたほどでした。

今後のウォンに関しては、円やドルなどの為替変動を見据えることが大切です。

ウォンの市場そのものは小さいで、少しの流通量で大きく為替変動が起きます。

韓国通貨ウォンの動向

韓国通貨ウォンの紙幣のデザインが2006〜7年に大幅に変更されました。

これは韓国通貨ウォンの偽造防止のための新技術が盛り込まれ、サイズが小さくなり、額面の文字と数字が大きな字で明るくはっきり見えるようになった。

最高額紙幣が10000ウォンで日本円で1000円・米ドルで10USドル程度の価値(2007年当時のレート)ということで、決済時に不便をもたらしています。

このため国民の間では、韓国通貨紙幣より小切手やクレジットカードの使用頻度が高いのも特徴です。

韓国通貨ウォンの高額紙幣発行論がしばしば取りざたされていますが、インフレ圧力になるとの批判が根強いため、具体化に至っていませんでした。

しかし、自己宛手票流通に掛かるコストや、偽造小切手問題などから、韓国銀行が2009年上半期を目処に新たに韓国通貨で10万ウォンと5万ウォン紙幣を発行する事を正式発表しました。

ウォンの値動き、どうかな?

ウォンは、10円は大体100ウォンの安定した値動きでした。

この切れの良いウォンと円の関係の値動きは、何かにつけて便利でした。

2005年ごろから、急激なウォン高が始まり、10円で100ウォンが崩れ、10円で、75ウォンの時もありました。

為替相場は上がったら次は下がります。ウォンは10円で80ウォン台をつけたあとは、10円で100ウォンの値動きをあっさりと通り過ぎ、2008年10月に100円で1500ウォンという値動きになりました。

ここ数年のウォン値動きには、不安定さをも感じますが、韓国内経済の建て直しのためにもここは踏ん張りどころでしょう。

外国為替、ウォンのレート

外国為替の中でウォンレートが騒がれたのは、今から6年前、サッカーのワールドカップが行われた年でした。

その年から、日本でウォンの両替が可能になり、ウォン外国為替レートの中で台頭してきたときでもあります。

ビッグイベントを成功させたという自信や一時的な知名度により、ウォンは世界的にも注目を浴びることになります。

外国為替の中でウォンレートも上がっていきますが、マーケットは小さく、しかし、日本では、その数年後、韓流ブームで、再び外国為替の中でウォンレートが騒がれます。

しかし、このときは外国為替のなかでも投資にはまったく関係のないことでしたから、ウォンレートを気にする方は、韓国グッズに群がる方ばかりでした。

韓国ウォンの為替チャート

韓国ウォン為替チャートがすごいことになっています。

ほとんどチャートの波線が、1本の線のように、下落を描いていき、円との為替チャート韓国ウォンはアジア通貨機以来最安値をつけました。

サブプライム問題が発端がなった韓国ウォンの急落の為替チャートですが、それ以前からドルの流通が滞ることによる韓国ウォン安の危機はささやかれていました。

そんな下げの為替チャートの後で明かしてみても無駄な情報ですが、円/ウォンばかりではなく、ドル/円/ウォン為替チャートで関係していることがよく分かります。

韓国ウォンが再び、上昇気流に乗るという日は近いでしょうか?

韓国ウォン為替チャートは依然不透明です。

韓国ウォン安

韓国ウォン安が言われてかれこれ一年くらい経ちます。

2008年11月のがサブプライム問題による韓国ウォン安は、急落そのものでした。

このウォン安は、日本の輸入企業にとっては痛いことですし、韓国に至っては輸入製品の値上がりなど支障が出ています。

又、投資に関しても、あまりの急激なウォン安は、損をなさった方がいたとしたら、甚大なものでしょう。

何よりも韓国ウォンの信用度も危ういものとなってしまいます。

このままではいかないの韓国ウォン安ですが、解決策も今のところないというのが現状のようです。

投資に関しては韓国ウォン安の状況を少し見る時間が必要ですね。

ウォンの推移は厳しい?

ウォンの推移は、2007年までは、いわゆるウォン高の推移で安定していました。

ところが、2007年の中ごろの世界経済の動向と円高ドル安を受け、ウォンの推移は一変しました。

急激ともいえるウォン安の一途の推移を辿ることとなり、2008年秋には最安値を更新するところまで行きました。

このウォン安の推移は米国のサブプライムローン問題やリーマンブラザーズの倒産などが大きな要因となりましたが、今後のウォンの推移に注目が集まります。

ただし、ウォンだけがこのような推移ではなく、世界的な通貨の下落の推移がありました。

今の為替相場の推移は、今までの世界的な経済の分布の縮図ともいえます。本物の強さを持つ国は果たしてどこか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。