ウォンのその他投資情報は? 韓国ウォンでFXチャート・スワップ金利とトレードで稼ぐ為替投資

ウォンと外為取引

韓国政府は、外為取引の大幅な改正をしました。

外為取引の小額の場合はいかなる種類の取引も可能なよう、完全自由化するとし、一定金額以下であれば、個人取引は自由に行えるようになります。

資本市場統合法の施行に合わせ、証券・デリバティブ(金融派生商品)の定義を一致させ、外為取引規制改正を通じ、金融投資会社で取り扱い可能な外為取引業務を大幅拡大します。

第2金融機関についてもウォン建てが可能な業務は最大限、ウォン建てを許容する方針です。

ただ、為替差益、外貨デリバティブなど外為市場に及ぼす影響が大きいと予想される業務は慎重に検討するとした。

このように、ウォンの門戸が大きく開くことにより、ウォンによる金融商品や外為取引の幅が広がります。

為替市場へ外為取引を盛んすることでもっとウォンが前面に押し出されることでしょう。

ウォンとUSドル

まともにサブプライム問題の波を受けたウォンUSドルに対して急落を続けています。

最近、USドルに対してウォンは強さを増してきていました。

2007年は1USドルあたり950ウォンを下回るまでになっていたウォンでしたが、7月以降のUSドルに対するウォンの動向はすさまじいものです。

チャートグラフはほとんどほぼ垂直というものてす。

そして、2008年10月28日には1USドルは1450ウォンを超えてました。

現在は、1USドル1383ウォンとなっています。

USドルに対して、ウォンは相当弱くなっているのが現状です。

ウォンファンドはいかがですか?

環境に優しい太陽光を利用した発電を韓国で成功させようということで、ウォン建てのファンドが日本で募集されています。

再生電力の固定価格買取制度のある韓国では、太陽光での発電は、日本よりも可能性としてはかなり高いものです。

ファンドという形で資金を募るのですが、利回りがウォン建てで7%というものです。

ウォンの信用が下がっている現在ですが、債券の形をしているファンドで、開発が成功したら、為替などに関係なくしっかりと償還されるものです。

このウォン建てのファンドの償還期間は4年間。

エコでクリーンなエネルギーに投資することで、ウォンでしっかりと儲けを考えてみましょう。

ウォン建て7%、魅力的じゃないですか?

ウォンの投資信託

日本での金融機関では、数は少ないですが、韓国籍の外国投資信託の取扱をしています。

日本の投資信託では、思ったよりも利回りがイマイチという方など海外の高利回りの投資信託は人気があります。

韓国といえば、ウォンですが、2007年まではもウォン高が続き、これらの投資信託の数字もうなぎのぼりでした。

ところが、外国籍の投資信託が怖いのが通貨安になったときです。

2008年のウォンはまさにその通りで、投資信託は悪夢のような数字になっています。

ウォンが回復することにより、投資信託の数字も上向きになるということですが、償還日まで静かに待つしかないでしょう。

チャートは下げがあるということは今度は上がることですが、ウォンにしても期待をしましょう。

ウォンで資産運用術?

外貨で資産運用術という場合、魅力になるのは高い金利です。

日本のこの低金利では金融機関に預けていたとしても、金利にはまったくの期待はできません。

しかし、隣の国ウォンを通貨とする韓国でも政策金利は3%台と高いものです。

では、ウォン資産運用術ということになると、ファンド、債券やFXという方法があります。

債券については、ウォン建て債券で7%という魅力的なものもあり、うまくいけば資産運用術の一つに使えそうです。

しかし、昨今のウォン安で、少々ウォンに対しては不安があるもの確かなことで、資産運用術と考えに向かない面も否めません。

とりあえず、経済や為替が落ち着くまでウォンでの資産運用術は一寸待った方がいいかもしれません。

ウォンと2ちゃんねる

2ちゃんねるの情報は確かなものとがさのものがあります。

その辺の見極めについては、個人判断ですが、ウォンに関しての2ちゃんねるでもやはりそうです。

2ちゃんねるウォンのスレッドは常時開設されています。

サイトにおいてウォンの情報は少ないですから、2ちゃんねるで有効な情報は結構載っています。

しかし、かなりおふざけのノリの情報もありますので、玉石混交の世界ですから、自己判断で綺麗な宝を見つけ出してください。

ウォンに関しては、あまり情報がないのが不思議なくらいですが、2ちゃんねるのウォン情報の豊富さには驚きます。

ウォンの為替情報をつかむには

お隣の国でありながら、なかなか入手しにいくのがウォン為替情報

ウォンのチャートや為替レートの変動などの為替情報は比較的簡単に手に入るものの、株などの情報に関しては本当に難しいものがあります。

政府発表の為替情報などは、日本語のサイトがあります。

もっとたくさんのウォン為替情報があってもおかしくないと思いますが、実はウォンに関する為替などは、盛んに行われている米ドルやユーロなとに比べ圧倒的に少ないということもあります。

ウォン為替情報を駆使し、上手にウォン投資をして見ましょう。

それには絶対に無理をしないことと、今からハングル文字を勉強してみるというのも一考です。

ウォンとyahoo

外国為替情報といえばyahooです。

しかし、ウォンに関していえば、それほど詳細な情報をyahooからは得られませんが、芸能ネタでしたら、yahooからの韓国情報は結構あります。

韓流ブームは記憶に新しいところですが、一時は社会現象になったものですから、流行に敏感なyahooですと、ウォンよりもヨンさまだったでしょう。

しかし、日本においては、ウォンは隣国の通貨であり、FXもできる環境にあります。

yahooから得られるウォン情報を駆使し、ウォン投資を考えてみましょう。

余り情報がないということは、ウォンはこれからの通貨と見られることから、今のうちに手を打つのもいいと思いますせんか?

ウォンと韓国株について

韓国をお考えの方、日本からもの投資は可能です。

SBI証券では選定された韓国ウォン投資をすることができます。

手数料は9450ウォンとなっています。

韓国には、世界的な企業もありますし、まだまだこれから経済発展も見込まれます。

日本からの株投資が難しいのですが、簡単にウォン投資ができるようになりました。

そのほかにも、数社で、現地取引の取次ぎという形での韓国株投資ができます。この場合はウォンではなく円でできるので、両替による手数料などの心配もいりませんし、韓国語ができなくとも大丈夫です。

ウォンが下がっている今、も低迷しています。仕込み時って感じしませんか?

KRWとJPYの関係

KRW/JPYのFXは、2008年11月現在取引は停止しています。

KRWの急落のため、落ち着くまでは唯一のFX、KRWJPYの組み合わせのFXはお休みです。

今までもKRW/JPYはそれほど活発な流通というわけではなく、流動的でもなかったのですが、為替動向によって利益もそこそこ出ていました。

今回のKRW急落は米国のサブプライム問題が発端となりましたが、KRWの脆弱ぶりが露呈した形になりました。

JPYの安定さと比較をしてもKRW市場はまだまだ小さいですし、これからという通貨でもあります。

一日も早いKRW/JPYの復活が望まれます。

KRWとUSDの関係

日本でのFXにおいてKRW/USDの通貨ペアはありません。

KRWと組めるのはJPYのみとなっています。

韓国内においては、KRW/USDの先物取引が可能になっていますが、日本からの取引はできません。

KRWの動向は、JPYの影響を色濃く受けますが、USDの動向も関係が深いものとなっています。

輸出国であるKRWにとってUSDの動向は、一喜一憂する材料であり、先のサブプライムローン問題では、KRWの緊急事態にまで陥りました。

今後もKRWの動向はUSDの影響を受け、JPYの動向に影響されると考えても良いでしょう。

KRWトレード

KRWトレードをしている方にとって、サブプライム問題は大きな出来事でした。

まともに坂道を転げ落ちるように急落したKRWでしたが、その後のトレードは停止という事態に陥りました。

不安定通貨には良くあることですが、KRWがUSDに対してこれほどまでに影響があることを知っていて、トレードをなさっていたのならいいですが、今後KRWトレードをする場合は、よく覚えておいた方が良いでしょう。

KRWの影響を受けるのはJPYというのが定説ですが、今回はUSDでした。

日本では、KRWとUSDのトレードはできません。

しかし、KRWトレードの際にはUSDの影ありということを肝に銘じましょう。

ウォンに関する手数料

為替に関することは大体手数料なるものがかかることを知っておいた方がいいです。

外貨預金、両替は必ず手数料がかかりますし、FXなどでも無料ではない取引も多数あります。

ウォンの場合、外貨預金やFXがありますが、両方ともに手数料がかかります。

ウォンのFXを取扱う業者は少ないですから、この手数料で決めるというのもいいでしょう。

ウォンを両替したいとお考えの方も手数料は覚悟の上です。

ネットなどで現地の方がウォン安いというものもありますが、ウォンの場合、現地へいくと話が違うよということもありますから、ご注意ください。

ウォン買いのコツ

ウォン買いが進んでいます。

円高ウォン安が極端になった2008年11月は、日本の銀行でウォン買いの人が急増しました。

これで、ウォン高になったときに売れば、為替差益をもらおうということです。

又、同時にドルの買い込む人もいて、このころの両替所はあっという間にドル両替が中止になってしまうということがおきました。

確かに、単なる為替相場で、ウォンを安いときに買い、高いときに売れば、それだけで利益ですから、上手いことを考えたものです。

果たして、このときの衝動的なウォン買いは、いつ、どう芽が出るかが楽しみです。

通貨としてのウォン

ウォンは大韓民国及び朝鮮民主主義人民共和国の通貨単位です。

両国は別の通貨となっており、区別のためにそれぞれ韓国ウォン、北朝鮮ウォンとすることがあります。

韓国ウォン通貨といえば、1999年ごろ、変造500ウォン硬貨が、大量に韓国国内から日本国内に運び込まれ、日本全国の自動販売機や両替機などで使用されたことがありました。

北朝鮮のウォン通貨は朝鮮人民のみの流通に限定されており外国人が使用できませんが、1997年から羅先に限って、固定相場を設定してこれが唯一の公式な両替として認められています。

ただし実際には闇両替取引も存在し、その相場は物価などから推定された、公式相場をはるかに下回る、最近の経済難の深刻化が反映された相場で行われています。

いずれにしても、同じく「ウォン」と称する韓国の通貨とは、まったく違うレートです。

ウォンの換金

ウォン換金をお考えの方、ウォン安のときがチャンスです。

安いときに円をウォン換金をしておき、高くなったらウォンを円にするだけのことです。

2008年10月の終わりごろから、その一年前までのウォンは約半分の円で換金できるレートになっていました。

そのときに、ウォンの換金です。しかし、この換金、このときはドルで換金した量が多く、より一層のウォン安を招いたようです。

そこで、一度換金してしまったら、後悔先に立たずで、あとはひたすら上がるのを待ちましょう。

為替相場、下落のあとは上昇と相場は決まっていますが…。

ウォンの外貨両替

外貨両替の基準値はありますが、実際の額は、各金融機関によってばらつきがあります。

一般的なのは、金融機関などですが、現在はネットを利用した宅配といったものもあります。

ウォンの外貨両替は、2002年から解禁となりましたが、ウォンの硬貨については未だに外貨両替はできません。

記録的なウォン安になったとき、韓国の金融機関で外貨両替が急増しました。

外貨両替で、為替差益を儲けるという方法も、ひとつの投資ですが、急落したウォンにこの外貨両替に殺到したようです。

日本の金融機関では、今ではほとんどウォンの外貨両替が可能です。

ウォンの特集?

ウォンへの投資はという特集は余り見られていません。

円からの投資先としてウォンを選ぶという方は少ないと思いますし、実際ウォンの金融商品も思ったよりないのが現状です。

そう思うのは、円からも買いやすいウォンのレート、日本からは身近な韓国ですし、金利も高いときていますから、もっと特集記事があってもよさそうです。

国としての成熟度でいえば、これからというウォンですから、これからあちこちの金融界での特集になるような話題があるでしょうか?

サブプライム問題では、マイナスイメージの特集が多かったウォンですが、これまた現実です。

ウォン特集記事は、これから、です。

ただし、安くて行ける韓国という特集のものは、ここ最近目にしていませんか?

ウォン安が与える価格推移の影響

為替市場でウォン安が話題になっていますが、ウォンが下落している主な原因は、資源・穀物価格の高騰と言われています。

原油や小麦などの高騰を受け、資源や穀物の価格は昨年から急上昇を続けています。

そのことが韓国経済への悪影響懸念のために、海外資金が韓国から引き上げていく見通しが高まっています。

韓国内のモノの価格が急騰しており、今年7月の消費者物価は前年比で5.9%の上昇と発表されています。

モノの価格は上がり、海外資本が撤退でこのようなインフレなどにより、韓国経済は危ないのではないかという不安と、急激なウォン安で為替信用もがた落ちのとなっています。

しかし、救いとしては、先のアジア通貨危機ほどの水準ではないとのことです。

今後のウォンの動き、モノの価格の動向が、韓国経済にどう響くかみてみましょう。

ウォンと高騰するモノの価格

為替市場でウォン安が話題になっていますが、ウォンが下落している主な原因は、資源・穀物価格の高騰と言われています。

原油や小麦などの高騰を受け、資源や穀物の価格は昨年から急上昇を続けています。

そのことが韓国経済への悪影響懸念のために、海外資金が韓国から引き上げていく見通しが高まっています。

韓国内のモノの価格が急騰しており、今年7月の消費者物価は前年比で5.9%の上昇と発表されています。

モノの価格は上がり、海外資本が撤退でこのようなインフレなどにより、韓国経済は危ないのではないかという不安と、急激なウォン安で為替信用もがた落ちのとなっています。

しかし、救いとしては、先のアジア通貨危機ほどの水準ではないとのことです。

今後のウォンの動き、モノの価格の動向が、韓国経済にどう響くかみてみましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。